不要品を処分するのにもかなりの手間とお金がかかる時代ですが、決められたルールや仕組みを利用すれば、お金をかけずに処分ができることもあります。